-

クルマを手放す場合、そして所有車の売却手続きの際も印鑑証明書が必要になります。この印鑑証明という書類について説明しましょう。印鑑証明書とはある印鑑に対して、それが実印として効力を持つことを裏付ける目的を持つものです。印鑑証明書がなければ、その印鑑について実印として効力を持つという事実が実証できません。大きなお金が動く取引になる自動車の売却のため実印が必要になることになりますがその時に印鑑証明書が必要となるのです。印鑑証明を交付してもらうには、あらかじめ印鑑証明しなければなりません。登録する印は実印といい同じものが二つとない判子であることが必須です。この実印を用意して、自分が住む市役所などの取次ぎ所へ出向けば印鑑登録できます。印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードなるものが発行され登録が完了した判子は実印になったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには市役所などの窓口へ行き、専用の書類に必要事項を記載して印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。そして、自動交付機でも印鑑証明書を交付してもらう事が可能です。印鑑証明そのものには有効期限はないのです。ですので、どんなに前の印鑑証明でも印鑑証明としての効力はあることになります。ただ、クルマ買い取り時には、必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。通常は有効期限などはありませんが、車の売却の際は、買い取り先が必須となる有効期限を決めているので仮に買い取りを考えているのであれば買い取り前に持っておく必要があります。